合同説明会を有効利用するポイント

バナー

合同説明会を有効利用するポイント

就職の活動が活発になってくる時期には、企業の合同説明会も比較的頻繁に行われるようになります。
最近では様々な企業が参加するほか、主催者である就職関連会社なども様々な方策を用いて人材の発掘を行う傾向があり、参加企業の中にはあまり求人や広告宣伝を行わない企業も参加することが多くなっています。



このような最近の合同説明会においては、就職先を探す人にとっては自分に合った仕事を見つける上で非常に重要な機会となります。


その理由は、余り出会う事のない企業の話を聞くことができる貴重な機会となるからです。

例えば理工系の学生に対しては主として製造業やIT系の企業からの求人は非常に多いものですが、事務系やサービス系の企業からの求人は紹介されないことが少なくありません。



しかし、現代の様にITが全ての業種の中で広く普及している現代では事務系やサービス系の企業に於いても理工系の学生が必要とされる業務がたくさんあるのです。


合同説明会においては学生が自分の興味のある企業に対して自由に話を聞きに行くことができる数少ない機会です。

普段情報を得ることができない業種の企業の話を聞くことで選択の範囲が広がるとともに、異なる仕事に対しても理解を深めることで自分の適性を活かすことができる仕事を選ぶことができる機会になる物です。合同説明会は時期的に企業の内定を確認する機会と考えている人も少なくありません。



しかし、余り聞くことのない企業の話を聞くことで、就職先の選び方に大きな影響を与える物でもあります。